就任祝いの胡蝶蘭の贈り方

一般的には、就職祝いなどのお祝いには胡蝶蘭を贈る事が最適と言われています。それは、胡蝶蘭がお祝いの花の最高品種だからです。
そんな、胡蝶蘭にも白色以外にピンク色の胡蝶蘭もあります。一般的には、胡蝶蘭と言えば白色なので、どちらにするか迷った場合は、白色の胡蝶蘭を贈ると間違いはありません。
また、胡蝶蘭にも、いくつかの種類がありますが、このような就職祝いの際には「大輪」にする事をお勧めします。全然、花の大きさが違い、見栄えが全く変わってくるからです。
本数においては、予算などを考慮して決める事になりますが、一般的には3本、5本になるようです。ちなみに、価格の参考は1本1万円で、3本なら3万円。5本なら5万円になります。
木札の書き方は、「祝」「御祝」な全般の祝い事に使う事ができ、「祝 就職祝い」などでも良いと思います。
その際、木札とは別にメッセージカードを添えると相手にお祝いの気持ちがより一層伝わり良いでしょう。メッセージカードはフラワーショップでも用意してもらう事ができます。
贈る際の時期としては、仏滅を避ける事が一番です。出来る事なら、大安や友引など良いお日柄を選ぶと良いでしょう。正式な内定が出た事を確認次第、贈る事にします。目安は、遅くても1週間以内が理想的です。
初めて就職祝いに胡蝶蘭を贈る場合、わからない事、悩むことも多いと思います。そんな際は、フラワーショップの店員さんに相談することがベストです。プロの知識でいろいろと相談にのってもらう事ができます。

Leave a comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA